ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

10

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

2007年10月26日(金)

雪虫襲来! [戯れ言]

 午前11時。歯医者に行こうと玄関を出ると、目の前には一面の雪虫が!(雪虫について書こうと思ったけど面倒なので知りたい人はココでね)
 39年生きてきて、これほどの大群は見たことがないッてっくらいの数の雪虫が宙を舞っている。
 歯医者に向かう途中もどこを通っても雪虫だらけ。その中を自転車で突っ切って行くのだから堪ったもンじゃない。

 雪虫ッてヤツは、飛んでいるンだか、浮いているンだかわかない。
 フワフワフワフワと飛んでいるのでその群れの中に自転車なンぞで飛び込むと、体中にヒタヒタとくっついてくる。口を開けていようものなら当然口の中に入る。
 体に付いた雪虫は間違っても手で払ったりしてはいけない。そんなことをしたら雪虫のお腹のワタワタが服についてエライことになる。
 今日も体のあちこちが雪虫だらけになって歯医者に到着。服をパタパタとさせて雪虫を払う。これが正しい。

 雪虫が舞えば直に雪がやってくる。
 まぁ、これは俗説なのだが、あながち外れているわけでもない。この“直に”をどれくらいの期間で解釈するかは気持ちの問題だからね。

 そうか、もう冬が来るンだよなぁ。

画像(320x240)・拡大画像(640x480)

あまりに小さくてピントが合わない

Posted by 源九郎 at 13時20分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

PHOTO

1次面接終了

1次面接終了

雪降る頭の悩み

雪降る頭の悩み

やりなおす?

やりなおす?

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.