ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

8

2006


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


このボタンの付いている曲は、
iTunse Storeから購入出来ます。
購入にはあらかじめiTunse
インストールが必要です。 お支払いは、クレジットカード、またはiTunse Cardとなります。

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア

Google

2006年08月07日(月)

よぎる不安 [戯れ言]

 昨日、突如のメールから始まった元カレ(以下:M)との関係。

 仕事中にふと頭に浮かんだこと、それは…。

 もし、もう一人の元カレ(以下:A)が同じよう連絡してきたら、オレはどっちを選ぶのだろう…、と。
 そんなことは万が一にもあるはずはないンだろうけどね。ふとそンな考えが浮かんでしまったのだ。

 二人とはほぼ同じ頃にメル友として知り合った。数ヶ月して、Aから「彼氏ができた」とのメール。ショックだった。と、同時に、ショックを受けている自分に驚いた。
 いつの間にかAのことを好きになっていたことに気がついた。とんでもないくらい(犯罪級に)年が離れていたのに、だ。
 そのショックを和らげるためか、今度はMとの間が狭まっていった。Aとはそれまで同様、ただのメル友として素知らぬ顔で付き合い続けたままで。
 Mが仕事で札幌に出張の時に会う約束をし、そしてその夜Hをし、二人は付き合うような形になった。

 数ヶ月後、メル友と会うのが好きなAはオレと会いたいと云ってきた。しかも、わざわざ札幌にまで出てくると云う。
 ビジネスホテルでAと会って、特に何をしたわけではない。ちょっとおしゃべりをして、二人で一つのベッドで寝ただけ。Aが添い寝が好きだったからだ。
 翌朝、チェックアウトまでの間、その時付き合っていた彼氏の年齢を聞いた時、オレの中で何かが弾けた。記憶は定かではないが、オレより何歳か年下だった。年が離れすぎていたことがオレの気持ちを抑えていたのがそれを聞いた途端にその抑えていたものがどこかへ吹き飛んでしまったのだ。
「オレもずぅッと好きだった…」
 そう云って思わずキスをしてしまったのだ。

 Aの乗る帰りの電車を待つまでの間、時間潰しにカラオケボックスに。そこでAが提案したのは高得点を取った方が一つお願いができる。と云うもの。当然、Aの方が高得点をとった。Aがオレにしたお願いは、
「また会って」
 自然と涙が溢れてきた。まさかまた会って欲しいなンて云ってくれるとは思わなかったからだ。
 そしてまたキスをした。長い長いキスを…。(その時に見られたンだよ、従業員に…)

 翌日オレはMにメールをした。「今夜電話していいか」と。そしてその返事のメールが「わかれようか?」
 オレはまた泣いた。オレ自身の自分勝手さに、そしてMの気遣いに泣いた。(まぁ、いろいろとあったンだけどさ)

 翌月、改めて再会し身の上話などを聞いた後に改めて交際を申し込み付き合うことになったの夜は…。

 それから半年後、別れ話を切り出される日の朝に届いたメールは皮肉にも「今夜電話していい?」だった。

 Aにフラレて一番に思い出したのはMだった。
 我ながら、ムシが良すぎると思った。
 Aに彼氏ができたからと、Mにすり寄り、Aと付き合うからとMとわかれ、そしてまた…。

 ムシが良すぎるだろ?

 Mを都合よく利用しているみたいでさ。なンとなく後ろめたさがあるのは否めない。

 そしてもう一つの懸念は、実は今、Mがメールをよこす数日前にできたばかりのメル友がいる。しかもこれは当時のAよりもさらに年下。年下好きのオレが惚れない補償はないのだ。
 年下過ぎて、手は出せないが、手は出さずとも好きにはなれる…。(実際、Aの時は手ぇ出したけど…今度のは超犯罪級だ…)

 今の状況があの時に似ているのだ。

 どうしてこうなンだろう…。どうしたらいいのだろう…。後ろめたさと、自分の気持ちへの不安。
 これが今、オレを悩ませているもの。

Posted by 源九郎 at 20時17分   パーマリンク

2006年08月06日(日)

やりなおす? [戯れ言]

 昨夜、仕事から帰ると「STAGPASS(ゲイの出会いと情報検索)掲示板転送」なるメールが…。
 以前登録したSTAGPASSを見てのメッセージだが、名前を見て「おや?」
 漢字が使われてはいるが、見覚えのある名前。気になりながら送信者のプロフページへと飛ぶ。そこでもやっぱり「おや?」
 流石に2年半もの年月は感じを変えるね。だろうとは思っても半信半疑。一応、返事を書いて反応を待つ。

 そして…。

 元カレでした。

 元カレと云ってもここでよく取り上げた相手ではなく、その前に付き合っていた元カレ。

 そして、オレの初めての男…。

 転勤で他県に行っていたのが半年ほど前には帰ってきていて、たまたまSTAGPASSを見てメールしてきたらしい。

 ついさっきまでメールのやり取りをしていたのだが、何やら話が“やり直す?”といった方向へ…。
 はてさて、どうなることか…。

 久々にまともにメールして楽しかった!

画像(320x240)・拡大画像(480x360)

夏向けカット

Posted by 源九郎 at 11時47分   パーマリンク

2006年08月04日(金)

しくじった! [戯れ言]

 あぁ、しくじった。
 DVD『仮面ライダーカブト Volume.1』の発売日が今日だったとは…。てっきり月末だと思い込んでいたンだよなぁ〜。お陰で初回版買い逃してしまったかも…。
 今日が発売日と知っていたら楽天の期間限定ポイント使うためにわざわざ『ウルトラマンメビウス Volume.1』を買わないで『カブト』の方を買ったのに。
 今すぐ市内でDVD扱っている所を走り回ればいいじゃン、と思うかも知れないが、給料日前で財布の中身はピンチ! 店頭に並んでいても、指をくわえて見ているしかない。
 あぁ、せつない…。

仮面ライダーカブト VOL.1

仮面ライダーカブト VOL.1

 10日になって給料入ったらプリンタのインク買うために札幌のヨドバシに出掛けるつもりだったので、その時ついでに買うゾ〜。絶対買っちゃるゾ〜!(そのまたついでにアレもコレも…)

 …それにしても、東映ヒーローモノのDVDは高いね。どうしてこんなに高いのか…。その点、バンダイの『ウルトラマン』関連のDVDは少しはマシかな。『ライダー』は6,000円、それに対し『ウルトラマン』は4,000円。税込みで2,000円の差はデカイ!(実際には店頭での割引があるけどね)
『メビウス』安かったから、つい、『メビウス』買っちゃったじゃないか、ねぇ。

仮面ライダーカブト VOL.2

仮面ライダーカブト VOL.2

『仮面ライダーカブト Volume.2』の発売日は9月23日。みなサンお忘れなく!

 …あ、興味ないですか…?

Posted by 源九郎 at 14時56分   パーマリンク

2006年08月01日(火)

やっぱり何事もない一日だった [戯れ言]

 38歳になりました。昨日の話。
 お祝いのメッセージをくれた、シゲ、ぼうすぽっと、デジタ、ありがとうね。

 2年前、誕生日を目前にフラれたオレには誕生日が近づくと、そのことを思い出さないではいられない。今日で丸2年と1週間という時が過ぎたことになる。

 最近しみじみと思う。やっぱりオレにはあいつしかいなかったんだなぁ、と…。
 ちょっと挫けそうになる今日この頃…。

Posted by 源九郎 at 11時39分   パーマリンク

2006年07月29日(土)

やるなテレ東! [戯れ言]

 会社では休憩中、特にすることもない時はYahoo!のニュースサイトを眺めていたりするのだが、いつもは見ない芸能関係のニュースをクリック。
 その内容は元モデルが改名しドラマに主演、と云うものだが、そのドラマがなンと連続時代劇『逃亡者 おりん』。

 そう、連続時代劇!

 テレビ東京が今年10月から実に9年ぶりに時代劇枠を復活させるのだ。
 金曜8時といえば、裏には「ミュージック・ステーション」という強敵がいるが、そこはテレビ東京、関係ないのだ。
 テレ東時代劇『喧嘩屋右近』杉様がカッコよかったなぁ〜。
 特撮ヒーロー枠を作ってはすぐに消してしまうテレビ東京。この枠がこの作品終了後も残ってくれると嬉しいのだが、はてさてどうなるか。

 ところで、制作会社はどこだろう?『リュウケンドウ』のよしみで松竹かな? 昔の時代劇枠も確か松竹だったハズだし、こりゃ期待できるかな?

Posted by 源九郎 at 00時28分   パーマリンク

2006年07月28日(金)

残念な決定 [戯れ言]

 まだ正式に決まったわけではないけれども、夕張市長は「夕張国際ファンタスティック映画祭」の来年からの開催の中止を表明した。今後実行委員会との協議をするとのことだが、夕張市からの助成がなくなれば、当然中止せざるを得なくなるだろう。
 財政再建団体への申請をした以上、こうなることは予想していたが、実際にこうなるとやはり残念だね。いつかは観に行きたいと思いながらも、まだ一度も観に行ったことはないけど…。

 夕張のような小さな地方都市が、あれだけの規模の映画祭を開催するとなると、どう考えてもその収支が黒字になっているとは思えない。交通面の不便さを考えれば、観客動員もそれほどではないだろうしね。支出を抑えることを考えれば、中止はやむを得ない。

 でも、やっぱり残念だね。

 道内外の民間企業、とりわけ映画関連企業の協力でなんとか存続できないものか、とも思わないでもない。
 この先、暗い話題が続くであろう夕張に一筋でもいい、明るさを残しておいて欲しいものだから。

Posted by 源九郎 at 22時44分   パーマリンク

2006年07月26日(水)

新 桃太郎侍!!!!! [戯れ言]

 先週の新聞のテレビ欄で『名奉行!大岡越前』が最終回だと知った時に、後番組は果たして、何かと考えていた。
『八丁堀の七人』は完結してしまったし、だとしたら『銭形平次』か?
 そんなこんなを考えながら番組終了を待っていると、後番組はなンと『新 桃太郎侍』というではないか!
 高橋英樹が演じ「ひとつ、人の世生き血をすすり…」の名ゼリフで時代劇史にも残る名作、名キャラクター『桃太郎侍』。その『桃太郎侍』がリメイクされる。主演は高嶋ファミリーの長男・政宏。

 そして、今日。その第一話が放送されたのだが、少々説明臭いところが気になったけど、第一話ということで仕方ないか。
 それに高嶋政宏。う〜ン、やっぱり高橋英樹とは違うよね。立ち回りもまだまだ。映画『ジパング』の頃よりは上達しているのか? 
 ともあれ、久々の“勧善懲悪チャンバラ時代劇”の新番組。これからどんどん面白くなっていくことを期待しよう。

 それにしても、『銭形平次』に『子連れ狼』『大岡越前』、そして『桃太郎侍』。リメイクものが増えてきたッてことは、それだけネタ切れなのかねぇ…。次は『遠山の金さん』あたりが来るのかな?

ZIPANG

ZIPANG


Posted by 源九郎 at 03時26分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

    follow me on Twitter

     iTunes Store(Japan)

    セブンアンドワイ

    最近の記事

    最近のコメント

    検索


    カテゴリーリスト

    リンク集

    RSS1.0

    [Login]


    powered by a-blog
    Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.