ぶろ愚の骨頂

源九郎の日々のつれづれ、心のつれづれ、Mac & iPhone 3Gのつれづれ

10

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


このボタンの付いている曲は、
iTunse Storeから購入出来ます。
購入にはあらかじめiTunse
インストールが必要です。 お支払いは、クレジットカード、またはiTunse Cardとなります。

 iTunes Music Store(Japan)

ウィルコムストア

Google

2007年10月08日(月)

オレじゃない [闇夜の独り歩き]

 キミが探し求めているのはオレではない他の誰か。

 オレが求めているのは…。

Posted by 源九郎 at 23時08分   パーマリンク

2007年10月06日(土)

奇妙な3人の足跡 [戯れ言]

 mixiで昨日11:54と11:55に奇妙な足跡。同じような名前が3人分。
 11:54に「りえ」と「☆RIE☆」、11:55に再度「りえ」。
 再度と書いたが、同一人物が同じ日に2度以上足跡をつけた場合は、最新の時間に書き換えられるはずなので、54分の「りえ」と55分の「りえ」は別人。
「ともさかりえ」の昔のCDを探してくれと誰かさんに頼まれてヤフオク検索していた時に「りえ」を名乗る妖しげな足跡をつけられたのは明らかに偶然だろうが、同じような(全く同じ)名前の人間が3人、同じ時間に足跡を残す…。これは偶然か?

 どう考えても偶然じゃないよな。何か仕組まれてる。

 だから踏み返さない。

 IDの誤差はいずれも30以内。恐らく同一人物だろう。何が仕組まれているにせよ、こんな気味の悪い足跡を踏み返すはずがない。
 まぁ、どンなヤツなのか気にならないわけではないけどね。それ以上に、踏み返して相手の思惑通りになったりしたら面白くないからな。

 みなサンのところにはこンなおかしな足跡、残ってないですか?


 

創聖のアクエリオン

創聖のアクエリオン

 先々月だったろうか。劇場版の予告がTV-CMで流れ、その最後に現われたパチンコ・メーカー「SANKYO」の文字に?????

 何故にSANKYO?とか思っていたら先月辺りからパチンコ「創聖のアクエリオン」のTV-CMが流れ始めた。

 そう云うことだったのか。と思いつつも、そもそも「創聖のアクエリオン」とはどンな作品なのか。この間なンてウチの社長に「アクエリオンッて知ってるかぁ?」と聞かれたが、CMで流れていた程度の知識しかなく聞いたことがないとしか云い様がなかった。
 そのオープニングテーマがなぜかiTunse StoreのトップソングでBoAや宇多田ヒカルを差し置いての1位に!
 ひょっとして「創聖のアクエリオン」ッて凄い人気のあるアニメ(もしくはマンガ)なのか?
 過去にはヲタクをしていたけど、アニメを(あまり)見なくなって久しいからなぁ。

 サビの歌詞は思わず口ずさンでしまう。

アキノ - 『創聖のアクエリオン』オープニングテーマ「創聖のアクエリオン」- Single

アキノ - 『創聖のアクエリオン』オープニングテーマ「創聖のアクエリオン」- Single

《moraからダウンロード》

Posted by 源九郎 at 23時49分   パーマリンク

2007年10月03日(水)

赤い羽根という免罪符 [戯れ言]

 何気に国会中継を見ていて思った。

「みんな赤い羽根胸に差してるけど、本当に募金してるンだろうか?」

「国会議員が募金していないとなると、国会の対面にも関わるンで、入り口でみんなに配ってたりして…」

 そもそもオレは、募金をした際に赤い羽根なり緑の羽根なりをもらって胸に差すという行為自体が余り好きじゃない。
 アレッて、募金した側にすれば一種の証明書のようなもので「一度募金したのだからもう募金しなくてもいいンです」的な効果となり、募金してもらう側にとっては、一種のノルマ。「羽根がなくなったから帰りましょう」といったことになってるンじゃないだろうか?(ボランティアのみなさん。誤解だったらゴメンナサイ)

 経済的かつ気持ちにも余裕のある人は何度募金しても構わないだろうし、ボランティアの人は大変かも知れないが、決められた一定の時間、街頭に立っていればいいンじゃないだろうか。

 もう一つ付け加えれば、本当に経済的に困っていて、他人の面倒までみていられないという人にとっては、募金出来ないことへの後ろめたさにはならないだろうか?

 まぁ、一般市民はともかく、オレは赤い羽根をつけた国会議員はどうも胡散臭く見えて仕方がないのだ。

 え? オレは募金したかって?
 まだ、その手のボランティアに会ってないから…。

Posted by 源九郎 at 17時33分   パーマリンク

2007年10月01日(月)

403 ERROR FORBIDDEN [a-blog]

「指定されたページ(URL)へのアクセスは禁止されています」

 一体何したンだよ、ッてな感じの物騒なダイアログ。
 本日未明から午後12時にかけてアクセスされた方、ご心配をかけました。別に猥褻図画云々などの罪でサイトが閉鎖されたわけではありませンのでご安心を。
 単純にポイントの購入し忘れで更新手続きが出来ていなかっただけ。
 今、利用中のチカッパ!レンタルサーバーは、ポイント制で、あらかじめポイントを購入しておき、毎月その都度必要なポイントが差し引かれて行くと云うシステムになっているのだが、そのポイントが足りないことが先月末から判っていて、ポイント購入準備もしていたのだが、口座の残高が微妙に足りなくて(振込手数料分くらい)、入金しなきゃぁ〜とか思っているうちにすっかり忘れてしまい、そうこうしているうちにポイント引き落とし日を迎えてしまい、ポイント不足によりサーバが一時利用停止、となってしまったのだ…。

 いやはやお恥ずかしい…。

 ンで、慌てて朝のうちに入金して、昼にはなンとか復活手続き出来ました。来月以降、再度こンなことにならないように、給料入ったら、またまとめてポイント買っておかなきゃな。

Posted by 源九郎 at 18時54分   パーマリンク

2007年09月26日(水)

消えて行く [闇夜の独り歩き]

 まぁ、そんなもンだ。

Posted by 源九郎 at 00時06分   パーマリンク

2007年09月24日(月)

3分で1時間 [戯れ言]

 チャリの後輪がパンクした…。
 出勤途中に気が付いたンだが、修理に寄る時間もなく、無理繰りチャリをこいでそのまま出勤。
 帰りも同じように乗って帰ろうとも思ったけど、帰りは急ぐ必要もないし、無理をして修理不能になっても困るンで、おとなしく押して帰って来た。もう手遅れかも知れないけどね。

 明日は出勤前に忘れずに修理しなくちゃな。明日が遅番で良かった。

 昨日は、遅番明けの早番。
 最近、疲れが抜けない。毎日気怠くて仕方がないのだ。
 それが、遅番明けともなると気怠さに眠気が上乗せされて、もう大変。
 それこそ、スイマーが頭の回りを輪を描いて泳ぎ回るのだ。

 とうとうたまりかねて、わずか15分しかない休憩時間終了間際に2〜3分。机に突っ伏して居眠り。
 この2〜3分の間にアイツの家に行っている夢を見てしまった。結局、今月は会いに行けなかったからだろうか?
 それとも浮気の虫が湧いてきていることへの後ろめたさからか…?

 来月は会ってくれるかな…。

 メールの着信音で目覚めたけど、この2〜3分の居眠りのお陰で、眠気はスッキリ。と、思いきや、1時間しか持たず、またもやスイマーが…。

 誰か、抜けない疲れをとるいい方法、知っている人がいたら教えてくれ〜。

Posted by 源九郎 at 23時59分   パーマリンク

2007年09月20日(木)

結構形になってるじゃン [週刊蒸気機関車C62を作る]

 今日からいよいよ歯の治療開始。
 差し歯が土台ごと採れてから10年以上もほったらかしにしておいた場所の抜歯。本当は奥歯から手を付けて欲しかったンだけど、ここの根元が化膿していてヤバいッてンで、まずはここから。
 さすがに10年以上はマズいよな。

 麻酔注射のあといよいよ抜歯。アゴが変形するかと思った…。

 明日は朝一番にもう一度行って抜歯したところの消毒。
 朝から歯医者に行って、一度帰宅して遅番出勤…。下手に会社の近くの歯医者を選んだばっかりに、一日に二往復もしなけりゃならなくなった。
 今度はもうちょっと時間を考えて予約しなきゃな。

 そして、その歯医者の帰りに買ってきたのは『週刊蒸気機関車C62を作る 第3号』。ここまでは順調。いつもこのくらいは行くンだよな。最高で2ヶ月くらいかな、続いたのは。
 今日も、本屋の店頭にあったのはこの1冊のみ。この1冊を買い逃すと本当に手に入れるのが難しくなり、後々にも影響する。
 なにしろ今回は1冊1,890円。1週分買いそびれて、次の週に2週分買おうとすれば一気に4,000円近い金が飛んで行くことになる。2,000円ずつ2週に分けて4,000円を使うのと、1回で4,000円を使うのとでは、同じようだが気分が違う。判ってもらえるかな?

 3号貯まったところで組み立てに挑戦。
 煙突の取り付けに少々手間取るも、一応完成。これだけでも十分蒸気機関車になっている。
 SLの煙突ッて、意外と小さかったンだなぁと実感。もちろん、車種によっては大きいものもあるンだろうけど、もっと大きな印象があったからな。

 今は真鍮の素材の色そのものだけど、最終的には色を塗るつもりでいるンだが、本誌では最後の最後で塗装について説明するとあるのだが、組み立ててから色を塗ると云うのはどうもオレには腑に落ちないンだよなぁ。

画像(320x240)・拡大画像(480x360)

これだけで既に蒸気機関車。

Posted by 源九郎 at 23時00分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

    follow me on Twitter

     iTunes Store(Japan)

    セブンアンドワイ

    最近の記事

    最近のコメント

    検索


    カテゴリーリスト

    リンク集

    RSS1.0

    [Login]


    powered by a-blog
    Copyright (C) 2005-2010 ぶろ愚の骨頂 All rights reserved.